注目キーワード
  1. nike
  2. adidas
  3. converse
  4. puma
  5. vans

リーボックの始まり (since1900)

 1895年、”ジョセフ・ウィリアムス・フォスター”というイギリスの陸上選手が、自分自身で着用するためのスパイクを開発、このときに開発されたのは”靴底に釘を打ちちける”という斬新なアイデアの靴だった。 このアイデアは意外にも功を奏し、今までにないスピードで走りことができ、この出来事がリーボックをたち上げるきっかけとなる。

 自分が使用するために開発した、釘が打ち付けられた破天荒スパイクシューズは地元のランナーの間で評判を呼び、彼のもとには「同じものを作ってくれないか」という依頼が続々と舞い込むこととなる。 5年後の1900年、フォスターは事業として本格的にスポーツシューズ製造を行うことを決意し”J・W・フォスター社”が誕生、そこで製造された”ランニングパンプス”と名付けられたスパイクは徐々にではあるがイギリス中のアスリートの間で知られていくことになる。


1924年に開催されたパリオリンピックで、J・W・フォスター社のスパイクを履いた”ハロルド・エイブラハムス”と”エリック・リデル”が金メダルを獲得したことにより、フォスター社はスポーツシューズブランドとしての地位を固めることとなる。 このストーリーは、1981年に公開されたイギリス映画『炎のランナー』として現代でも知られている。


1958年、ジョセフ・ウィリアムス・フォスターの孫である”ジョセフ”と”ジェフェリー”の二人が会社名を”Reebok”へと変更する。

 Reebokという名前は、アフリカに生息している俊敏さが特徴的な動物ガゼルを意味した言葉で、”同社のシューズを履いたアスリートに最高のパフォーマンスを発揮させることに貢献する”という理念を持ったスポーツメーカーとってはぴったりのネーミングであった。

 この頃からはランニングシューズ以外にサッカーシューズなども製造しており、着々と”総合スポーツメーカー”への道を歩み出したのである。


 既にアメリカ市場に進出していたリーボックのさらなる飛躍のきっかけとなったのが、アウトドア用品ディーラーでアメリカ人の”ポール・ファイヤマン” との出会いである。1979年に彼がリーボックのアメリカでの販売権を獲得したことによりリーボックはそれまでとは違い、本格的にアメリカ市場に参入していくこととなる。

 1980年代のアメリカでは”エアロビクス”が社会的ブームで、その真っ只中の1982年にエアロビクスシューズ ”フリースタイル”を発表し、全米で大ヒットする。 ”フリースタイル”に使われている素材は、柔軟で薄手の衣料用天然皮革の”ガーメントレザー”で、足を包み込むような快適な履き心地を実現したこのシューズは、エアロビクスをしている人たちだけではなく、オフィスワーカーたちの通勤用シューズとしても人気に火がつき、リーボックがアメリカで躍進し世界に進出していくきっかけとなった。


 1984年には本拠地をそれまでのイギリスから北米に移し、1986年にはスポーツブランドとして全米1位の売り上げを達成、1992年には後にNBAのレジェンドとなる”シャキール・オニール”と大型契約を結ぶなど、当時のアメリカのスニーカー市場では台風の目であった。 その後も”ポンプシステム”や”DMX”といった、現在でも愛されているハイテクスニーカーを世に送り出していく一方で、ローテクでクラシックなスニーカーのリリースもしており、スポーツブランドとして確固たる地位を築くこととなる。

最新情報をチェックしよう!